相場の状況次第で投資戦略を臨機応変に変更するのがFXのコツ

   2021/09/21

FXを人生で初めてトレードする際には焦って準備資金をたくさん使うのではなく、FXで稼げる投資方法のいくつかをあらかじめ調べておくべきです。
例えば、まず知っておきたいのは様々な形に変化するチャートの正しい分析方法です。
短期での利益を欲しがる人は1分足などの期間の短いものばかりを確認して投資しがちです。

しかし、短期投資の場合でも年足や月足などの長い期間のものをチェックしておくことで得られるメリットがいくつかあります。
短期の利益狙いでエントリーしたポイントが長期のチャートのどの位置にあるのかをわかっていれば的確な投資戦略を考えることが可能です。

やはり、週足や日足の高値や安値を意識しているトレーダーは多いので、サポートやレジスタンスのポイントを知るために期間の長いチャートを分析するのは基本です。
いくつかの期間のチャートを順番に調べればエントリーしやすいところを判断できます。
もし短期のチャートの形から買われすぎと感じる相場とわかったときに売りから入りたい場合は、長い期間のトレンドも知ってから最終的な投資判断をするのが定石です。週足で調べて強い上昇トレンドが続く可能性が高いとはっきりわかったのならば、売りポジションを長く持つのは避けるべきです。

長期間のトレンドを重視していればチャート上のどこで投資すれば安全なのかよく分かります。トレンドに逆らうのではなく強いトレンドに沿った方向に投資することが勝率を少しでも上げるための秘訣です。

テクニカル分析で判断して売りから入りたいと思える場面でも、上昇する可能性は十分あるので予想と逆のチャートの動き方になりそうな相場のときにどのような投資をするのが無難なのかを決めておくことは必須です。

どんなに長く続いている強いトレンドが出ている相場でもいつまでもずっと継続するわけではなくていつかは反転します。
上手く底や天井を判断してエントリーすればかなり儲かるのですが、反転する位置でピンポイントで投資することは難しいのが現実です。

そのため、安易に天井や底と思い込んで投資金を上げすぎるのではなく、どんな時でも慎重に資金配分をするのがFXの定石です。
FXで逆張りをしたいのならば、ある範囲内で上下にチャートが何度も動く傾向のあるボックス相場だけで投資するのが一番です。

順張りに向くのか逆張りがやりやすい相場なのかをチャートで判断する基準を事前に決めておくと正しい投資ができます。相場の状況次第で投資のやり方を臨機応変に変更するのはFXの賢いやり方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket